DOXでの検査を導入するにあたって

You are here: Home > FAQ(ご質問の前に) > DOXでの検査を導入するにあたって

DOXでの検査を導入するにあたって


● 全く食品検査の経験がない従業員でもDOXで検査できますか?

多少の慣れは必要ですが、1日の研修で細菌検査が初めての方でもお使いいただいております。

 

● 一つの検査でいくらかかるのでしょうか?従来の方法と比べてコストパフォーマンスはどうでしょうか?

資料を用意しております。直接バイオ・シータにお問い合わせいただくか、DOXを取り扱っている販売会社にご相談ください。
 

● DOXで検査するには、培地とセル以外に何が必要ですか?

検体を作成する(前処理といいます)器具と、検査後廃棄時に菌を殺す(滅菌といいます)器具が必要です。


● 一通り検査機材を揃えるのに、いくらぐらいかかりますか?

どのレベルまでが必要かにもよります。それにより金額が変わりますので、詳しくはお問合せください。


● 検査をするのに無菌室などを準備する必要はありますか?

必要ありません。


● オートクレープは絶対必要でしょうか?また金額はどのぐらいでしょうか?

使用済みのセルは滅菌してから捨てる必要があります。そのために導入していただいているお客様もいらっしゃいます。煮沸滅菌で対応していただくことも可能です。小型のものであれば20万円程度です。

 

« prev  |   top  |   next »

MOモイスチャライザー

ダイキン工業が開発し、(株)バイオ・シータが発売する、世界初のフェイス・モイスチャライザー。

ヒアルロン酸を含んだ高保湿ミストが、人の肌を追いかけて保湿することができるので、ミストの方を向いていなくても「ながら保湿」ができる、画期的な美容家電です。

株式会社 バイオ・シータ

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-20-9-603

TEL: 06-6886-8204 / FAX: 06-6886-8224
E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

DOX SYSTEM

English Pages »
Bio-Theta.Ltd.

3-20-9-603 Nishinakajima, Yodogawa-ku, Osaka, 532-0011 Japan

TEL: +81-6-6886-8204

FAX: +81-6-6886-8224

E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

Powered by CMSimple | Template by CMSimple | Login