株式会社 バイオ・シータ 食品細菌迅速自動検査システム DOX (DOX-60F DOX-30F) 一般生菌/大腸菌(群)を迅速に測定

You are here: Home > What's New

What's New

10/1 一色先生のコラム第67話「食べ物と消化器症状」が掲載されました。

9/1 一色先生のコラム第66話「Codex総会STEC対策作業開始を承認」が掲載されました。

8/29 川崎先生が食品科学工学会から奨励賞を受賞されました。

8/1 一色先生のコラム第65話「冷蔵・冷凍と食中毒菌について」が掲載されました。

7/1 一色先生のコラム第64話「溶連菌(ようれんきん)食中毒について」が掲載されました。

6/1 一色先生のコラム第63話「北里柴三郎―日本の細菌学の父」が掲載されました。

5/7 一色先生のコラム第62話「大腸菌とのお付き合い」が掲載されました。

4/1 一色先生のコラム第61話「平成30年の食中毒の発生状況」が掲載されました。

3/1 一色先生のコラム第60話「キャラメルアップル(りんご飴)食中毒再発」が掲載されました。

2/1 一色先生のコラム第59話「志賀毒素産生性大腸菌(STEC)をご存知ですか」が掲載されました。

1/1 一色先生のコラム第58話「幸せの紅白なます」が掲載されました。

12/1 一色先生のコラム第57話「生食用きゅうりの殺菌についてが掲載されました。

11/1 一色先生のコラム第56話「生麦、生米、生卵と生食パンが掲載されました。

10/1 一色先生のコラム第55話「偽装マグロとヒスタミン食中毒が掲載されました。

9/1 一色先生のコラム第54話「耐熱芽細菌による食中毒」が掲載されました。

8/1 一色先生のコラム第53話「気候変動と食品安全」が掲載されました。

7/1 一色先生のコラム第52話「食品安全文化Food Safety Culture」が掲載されました。

« prev  |   top  |   next »

The standard download of CMSimple comes with English and German language files only.

Please don’t delete the "default" and "en" language files (default.php and en.php), as they serve as default fallback.

German language files are included because the German language user’s community is by far the largest.

MOモイスチャライザー

ダイキン工業が開発し、(株)バイオ・シータが発売する、世界初のフェイス・モイスチャライザー。

ヒアルロン酸を含んだ高保湿ミストが、人の肌を追いかけて保湿することができるので、ミストの方を向いていなくても「ながら保湿」ができる、画期的な美容家電です。

株式会社 バイオ・シータ

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-20-9-603

TEL: 06-6886-8204 / FAX: 06-6886-8224
E-Mail: dox@bio-theta.co.jp

Powered by CMSimple | Template by CMSimple | Login